アゲハ関連の記事は【アゲハふれあえない館】に引っ越しました

アゲハふれあえない館

肌荒れの原因 顔全体はマスクのせいかもしれません

インフルエンザ、花粉症、黄砂、PM2.5の季節が終わっても、まだマスクをしている人をよく見かけます。

おしゃれマスク、UVカットマスク、すっぴん隠しの伊達マスク、防寒マスク。一年中マスクをしている人も結構いるようです。

顔の赤み、かぶれ、ニキビなど、顔全体の肌荒れの原因は、そのマスクかもしれません。

マスク着用時の悪影響

総じて衛生意識が高い日本人は、マスクの使用頻度も高いのではないでしょうか。長時間マスクを着用しなければならない仕事をしている人も多いでしょう。

となると、マスクが皮膚に与える悪影響も、覚えておいたほうがよさそうです。

雑菌繁殖によるニキビ

マスクは鼻と口を覆うため、密閉部分は呼吸により温度と湿度が上がり、常時むれた状態になります。

空気が乾燥している時、鼻が詰まっていて口で呼吸している時などは助かりますが、それは咳やくしゃみで飛んだ雑菌が繁殖する温床にもなります。

その雑菌が原因でニキビができたり、もともとあったニキビが悪化したりするかもしれません。

摩擦による炎症,アレルギー症状

有害物質を吸い込まないようにするためには、なるべくマスクを肌に密着させなければなりません。そうなると、肌に触れている部分が摩擦で炎症を起こす可能性があります。

抗菌マスクの場合は酸化亜鉛などの抗菌剤が原因で、発疹やかゆみなどのアレルギー症状が出るかもしれません。

アレルギー体質の人は注意したほうがいいでしょう。

ゴムの圧迫による炎症

マスクを肌に密着させるために、ゴムはある程度強くなっています。その圧迫により、耳に近い頬の部分に炎症が起きるかもしれません。

私も耳の付け根でしたが、赤く腫れて痛くなったことがあります。

夏場は紫外線が強く、肌の負担が大きいところにゴムの圧迫が加わり、肌荒れが起きやすくなりますので、注意が必要です。

 

マスクによる肌荒れ対策

では、どうすればマスクによる肌荒れを防げるでしょうか。

現実的でないケースもあると思いますが、以下の対策が考えられます。

  • 長い時間装着しない … むれた状態を長引かせないで雑菌の繁殖を防ぐ。
  • 同じマスクを使い続けない … 残留している有害物質を避ける。通常一日使用で交換。
  • 刺激の少ない素材を選ぶ … 摩擦や圧迫の刺激を最小限に抑える。

あとは一般的な保湿を心掛けたスキンケアですね。

おじさんの苦手な分野です。

 

所見

マスクが肌荒れの原因というのは盲点だったかもしれません。

冒頭で述べましたように、今やマスクは感染予防や花粉症対策だけでなく、一年中いろいろな用途で使いますので、季節を問わず注意が必要ですね。

 

2018/6/1

にほんブログ村テーマ 生活に役立つ健康情報へ
生活に役立つ健康情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました