スポンサーリンク

ビジカジメンズジャケット夏 紺無地ばかりじゃつまらない

最近ビジカジという言葉を聞くようになりました。ビジカジとはビジネスカジュアルの略で、「ビジネスパーソンとしてふさわしい範囲内で、服装や持ち物にカジュアルウエアの要素を取り入れること」です。―デジタル大辞泉

だからと言って、というか、その割には、というか、紺無地のジャケットが大多数でつまらないと思いませんか?

スポンサーリンク

圧倒的に多い紺無地ジャケット

通勤途中のビジネスマンを見ていると、まだスーツのほうが多いようですが、ビジカジを意識してか、ジャケパンも少しずつ増えているように感じます。

それにしても、没個性の人が多いですね。特に若い人はそうですが、スーツは黒かダークグレー、ジャケットはネイビーの無地が圧倒的多数を占めています。

周りに合わせたがる国民性、DNAか。制服じゃあるまいし。見ていると悲しくなってきます。

紺無地ジャケットが悪いとは思いませんが、みんな同じっていうのはどうなんですか。無難、安心の保護色。

ビジカジでもいける個性派チェック

私は何かにつけ人と違うことをやりたがる性格なので、紺無地ジャケットは着る気がしません。

これは昨年作ったジャケットです。写真だとわかりにくいですが、ピンクに近い茶色と黒の千鳥格子です。派手すぎず地味すぎず、ビジネスでもカジュアルでもいけます。

これは一昨年作ったジャケットです。アイボリー地に薄緑、薄紫、ベージュのラインが入ったチェック。

ビッグヴィジョンが例年6月に行うNET限定特別セールで作りました。生地はロロピアーナのSUMMER TIME(ウール43%,シルク32%,リネン25%)。

このように作りが凝っています。

肩口にギャザーを寄せるマニカ・カミーチャ(雨降り袖)、肩パットや芯地を入れないセンツァ・インテルノ、裏地を付けない大見返し、総ステッチ、本切羽。これだけオプションが付いても、とても安かったです。

と、つい余計なことまで書いてしまいましたが、興味のある方は、ビッグヴィジョンのホームページをご覧ください。

所見

当然のことながら、紺無地ジャケットが合っている個性もあるとは思いますが、みんな同じでなくてもいいと思いませんか?

ただでさえ、何かと型にはめたがる日本社会です。「ビジネスパーソンとしてふさわしい範囲内」であれば、いろんな色、いろんな柄があっていいと思うのですが、いかがでしょうか。

あぁ、もしかしたら、国民的ブランド、ユニクロの紺ジャケが多いのかもしれません。

ビジカジも みんな紺無地 だから何?

2018/5/25

にほんブログ村テーマ 大人のメンズファッション♪へ
大人のメンズファッション♪

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする