アドセンス広告コードを保存できない時の簡単な対処法

ワードプレスをお使いなら、ウィジェットに広告コードを保存できなくて困ったことはありませんか? 思考より検索で、簡単な対処法を見つけました。

スポンサーリンク

ウィジェットにアドセンスコードを保存できない!

本ブログでは見てのとおり、ワードプレスの無料テーマSimplicity2を使用しています。このテーマはアドセンスコードをいろいろな位置に貼ることができます。

グーグルアドセンスの審査が通った当初は、いろいろな所に広告を貼ってみて、体裁を見ていたのですが、ある時からアドセンスコードを保存できなくなりました。

昨日までできたことが突然できなくなり、あたふたしましたが、検索の末ようやく原因を突き止めました。サーバー(ロリポップ)のWAFがアドセンスコードをはじいていたのです。

WAFとはWeb Application Firewallの略で、Webアプリケーションを不正アクセスから保護するソフトウェア、あるいはハードウェアのことです。

その時はとりあえず、ロリポップのユーザー専用ページのセキュリティ>WAF設定でWAFを無効にして、アドセンスコードを保存することができました。

WAFの誤認を防ぐ簡単な方法発見

この誤認(WAFがアドセンスコードの保存を不正アクセスと認識すること)を防ぐ方法もわかったのですが、.htaccessファイルにシグネチャを登録してどうのこうのという、面倒臭そうな方法なので、ロリポップに以下の問い合わせをしました。

>お世話になっています。
>アドセンスやアフィリエイトの広告コードをワードプレスのウィジェットに貼り付けることができませんでした。
>WAF設定を無効にすることで貼り付けられましたが、毎回そうしなければなりません。
>ほかの方法はありますか?

ロリポップに簡単な方法を教えてもらおうと思ったわけですが、回答はやはり前述の方法だったので、そのまま放置していました。

つまり、アフィリエイトやアドセンスの広告コードを貼り換える時は、いちいちWAF設定を無効して、コードを保存した後、WAF設定をまた有効にしていました。

そうこうしているうちに、この記事に辿り着き、簡単な方法があることを知りました。

Simplicityの初期設定で、アドセンスの広告タグをウィジェットにいれて、保存しようとしても、ひたすら設定保存ができなかったので状況と、原因・その対処法を公開します。広告コードを入れたウィジェットを設定保存したと思って後でブログを確認し

この記事の最後のほうに、SiteGuard WP Pluginというプラグインを使った簡単な方法が書いてあります。私と同じロリポップ環境下での説明なので、大変助かりました。

ここで私がそれを書いても単なるパクリなので、同様の事態に陥っている方は、kautakkuさんの記事を参考になさってください。

kautakkuさんはSimplicityフォーラムの常連回答者で、製作者のわいひらさんに次ぐような方です。私も以前、コメント欄に関する質問に答えていただいたことがあります。

kautakkuさん、今回もまたお世話になりました。感謝申し上げます。ありがとうございました。

結論

やはり、ネットの世界は検索ですね。今回の流れは検索、放置、検索、解決でした。思考より検索、近頃の大学生と同じです。

2018/5/19

にほんブログ村テーマ ブログでお小遣い稼ぎ!へ
ブログでお小遣い稼ぎ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする