楽天迷惑メール対策 楽天市場なりすましを見破る方法

新しいタイプの楽天迷惑メールが届くようになりました。これまで散々騙され続けてきた私ですが、今回は見破る方法を見つけました。

スポンサーリンク

新作楽天迷惑メール

新たな楽天迷惑メールは楽天市場内のショップになりすまし、注文時に送られてくる自動配信メールを装っています。まず、3日前にこれが届きました。

Ease Space-イーズスペース 40V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ J40SK01 34,800円

これを最初に見た時は、「え!そんな買い物していない!」と思って一瞬あせりましたが、今回は引っかかりませんでした。これでまた引っかかったら、かみさんに何を言われたかわかりません。ようやく過去の失敗から学びました。

関心のある方は私の失敗談をご覧ください。

数か月前に頻繁に届いていた偽Appleのフィッシングメールが、最近また届くようになりました。皆さんのところには届きませんか? 私のPCには先...
私は昨年暮れに、楽天を装ったフィッシングメールが引っかかってしまったのですが、お恥ずかしいことに、また別のフィッシングメールに引っかかってし...
先月、メインで使っているクレジットカードの会社から、私のカードが不正利用されそうになったとの電話がありました。 この件ではいろいろ学び...

それにしても、よくできていますね。本物っぽいです。イーズスペースは実在する会社でした。

しかし、私は知りませんでしたが、楽天で買い物をすると、このタイプのメールが届く前に、もっとシンプルな自動配信メールが届くそうです。よく楽天で買い物をしているかみさんから聞きました。犯人は勉強不足ですね。楽天で一回買い物をしてからやらないと。

翌日も同様のメールが4通届きました。

マサニ電気株式会社 楽天市場店 40V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ J40SK01 34,800円

TRYX3(トライスリー)楽天市場店 エスキュービズム 40V型LEDバックライト搭載 地上デジタルフルハイビジョン液晶テレビ AT-40CM01SR 36,400円

ウルトラぎおん楽天市場店 40V型LEDバックライト搭載 地上デジタルフルハイビジョン液晶テレビ (AT40CM01SR) 36,325円

ぎおん(株)ヤサカ電気 テレビ 40V型 2K フルハイビジョン 1年保証 D-LED 直下型LED バックライト 外付けHDD録画機能対応 地上デジタル 地デジ フルハイビジョンテレビ 40型 40V 40インチ LED液晶テレビ 解像度:1920×1080 幅92.8cm 薄型 液晶テレビ TV 32,800円

おそらくどれも実在する店でしょう。すべて異なりますが、なぜか商品はすべて40V型ハイビジョンテレビです。

値段は違っても、獲得ポイントはすべて388ポイント。詰めがあまいですね。細かいことは気にしない、おおらかな性格なのか。

今回は、試しにリンクをクリックしてみるのはやめました。なぜなら、最近やたら英語の迷惑メールが増えたのですが、原因はおそらく偽リンクを何度もクリックしたせいだと思うからです。これ以上傷口を広げないために、ネタ作りのための冒険はもうやめておきます。

と、これまで楽天、マイクロソフト、アップルと、迷惑メールにだまされ続けてきた私ですが、今回のメールに関しては、見破る方法を見つけました。

楽天迷惑メールを見破る方法

楽天迷惑メールを見破る方法は簡単なことでした。リンクの上にマウスを乗せればいいのです。(スマホ専門ユーザーの方には申し訳ありません。これはPC限定の方法です)。

偽物のメール

これは本日届いた偽物のメールです。楽天カードを装ったメールですが、これから書くことは、前述の楽天市場ショップなりすましメールにも同様に当てはまります。

リンクの上にマウスを乗せるとこうなります。

このように、概ねどのリンクでも同一の怪しいURLがポップアップされます。ところが、

このように、なぜか「楽天e-NAVIにログイン」は違います。試しにクリックしてみたら、本物の楽天e-NAVIの画面に遷移しました。

これはどういうことなのか。単なるミスか、そう見せかけた巧妙な罠か。(気持ち悪いので、このあと楽天のIDとパスワードを変更しました)。

本物のメール

これは本日楽天から届いた本物のメールですが、リンクにマウスを乗せるとこうなります。

このように、本物のURLは”https(あるいはhttp)://r.rakuten.co.jp”で始まります。

今のところ楽天のメールは、このようにリンクの上にマウスを乗せることで、本物か偽物か判別できます。今のところ。

マウスを乗せる時は、思わず力が入ってクリックしてしまうことがないように、くれぐれもご注意ください

偽メールの特徴

ついでに、私が気づいた偽メールの特徴を書いておきます。

宛先に複数のアドレス

これは今週月曜日に届いたアップルの偽メールです。

このようにリンク先は本物っぽくしていますが、宛先をご覧ください。複数のアドレスが入っています。ここでは黒塗りになっているのでわかりませんが、すべて同じプロバイダーのアドレスです。おそらくオートマチックに生成したアドレスでしょう。

私が知る限り、まともな企業は、宛先に複数のアドレスを入れてメールを送るなんてことはしません。宛先のアドレスは一つだけです。

ただ、宛先のアドレスが一つだけの偽メールもありますので、ご注意ください。

変な日本語

偽メールは変な日本語が多いです。上のメールを例にすると、

「ありがとうございますが、…」… いかにも外国人、といった文章ですね。

「…アカウントは永久に禁止されます」…「アカウントは永久に使えなくなります」でしょ。

「顧客チームはシールする権利を有する」… なんでここだけ敬語やめるの。グーグルの自動翻訳じゃあるまいし。

うっかりミスのようなスペル

これも最近届いたアップルの偽メールですが、リンク先に注目してください。

「app1e」。こういうキーボードの打ちミスのようなスペルがよくあります。ちゃんと見直さないと。

まとめ

ということで、まとめるとこうなります。

最近広く出回っている楽天迷惑メールの見破り方:

リンクにマウスを乗せると、だいたいどのリンクでも同一の怪しいURLがポップアップされる。
本物のURLは”http(あるいはhttps)://r.rakuten.co.jp”で始まる。

偽メールの特徴:

(1)宛先に複数のアドレスが入っていることが多い。
(2)変な日本語が多い。
(3)URLにうっかりミスのようなスペルがよくある。

この情報がお役に立てば幸いに存じます。

2018/5/11

にほんブログ村テーマ 詐欺情報の詳細や対処法、実体験話へ
詐欺情報の詳細や対処法、実体験話