ブログ村ブログランキング比較 結論は併用とカテゴリー変更

集客のため、人気ブログランキングには先々月登録しました。
興味のある方は以下の記事をご覧ください。

ブログを始めて40日ほど経ちました。これは23個目の記事です。 ブログはコンテンツの数と更新性が重要らしいので、暇を見つけてはひたすら記事...

東京から出たことがない私としては、「村」という言葉に少々抵抗があり、にほんブログ村には登録していなかったのですが、先週、人気ブログランキングよりにほんブログ村のほうがいいという記事を読んで、登録しました。

この記事では、両サイトの比較もしますが、どちらがいい悪いという話しではなく、両方に登録したことでわかったことに基づいて、本ブログのカテゴリーを変更したことが落としどころになります。

スポンサーリンク

にほんブログ村,人気ブログランキング それぞれの特徴

国内最大のブログランキングサイト、人気ブログランキングの会員数は1,307,378人、それに次ぐにほんブログ村の会員数は938,259人です。いずれも先程、2018年4月27日午後11時頃に見た数字です。

どちらもパッと見、無料ブログが多く、記事タイトルのキーワード選定もすることなく、SEO対策など全く考えていないブログが多いようです。

両者にはそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

人気ブログランキングの特徴

人気ブログランキングはその名称にふさわしく、ランキングが主体です。

ランキングとは別にブログサークルというコミュニティーがありますが、私はまだ利用していませんので、現時点ではどんなものかわかりません。利用後、別の記事で書きます。

メインカテゴリーは現時点で26しかなく、サブカテゴリーもにほんブログ村のように細分化されていませんので、サイトはごちゃごちゃ感がなく、すっきりと見やすくなっています。

前述の記事 で書きましたが、1日1回だけ、INポイントが付くルーレットを回せます。それを怠らなければ、ランクは概ねキープできるでしょう。

ランキング1位を取ることは難しくありません。

吹けば飛ぶような本弱小ブログが、現時点で参加ブログ数83のサブカテゴリー「子供なし夫婦」の1位になっているくらいですから、参加ブログ数が100以下のサブカテゴリーであれば、簡単に1位を取れるのではないかと思います。

総合ランキングベスト10の半分は政治、半分は趣味とペットといったところです。

にほんブログ村の特徴

にほんブログ村はその名のとおり、村社会を思わせます。カテゴリーが非常に多く、サブカテゴリーに至っては数えきれないほどあり、その数はどんどん増えていくようです。

マニアックな趣味を共有したい人にとってはいいのかもしれません。それでも、カテゴリーの基本はランキングですので、同じカテゴリーに属する人同志はライバル関係になり、カテゴリーがSNS的役割を果たすかどうかは疑問です。

ランキングとは別にトラコミュという、テーマ別に記事を投稿するコミュニティがありますが、前述のブログサークルと同様、私はまだ参加していませんので、詳しいことはわかりません。
これも後の記事に譲ります。

ほかに、ブロガーを住所や出身地で検索できる機能もあり、ブロガー同士をつなげるしくみが設けられています。

総合ランキングベスト10の半分は生活の知恵、半分はペットです。

人気ブログランキングvsにほんブログ村 どっちがいい?

このように、一言で言えば、人気ブログランキングはランキング主体、にほんブログ村はランキングプラスSNSと言えそうです。

では、どっちがいいのか?となると、答えはブログランキングサイトを利用する目的によって、違ってくるのではないでしょうか。

自分のブログの集客など眼中になく、ただ他のブロガーとつながりたいと思っている人なら、にほんブログ村のほうがいいでしょう。

一方、私のように集客目的で被リンクが欲しい人となると、判断に迷います。
次のようなグーグルアナリティクスの解析データを見たからです。

グーグルアナリティクス解析データに基づく結論

一覧表【昨日の参照サイト】 … 削除しました。*

あまりに低い数値でお恥ずかしい限りですが、このように現時点では、人気ブログランキングからのサイト訪問のほうが圧倒的に多いのです。
おそらくランキングが1位だからでしょう。

1位だと注目され、会員ではない飛び込みの人にも、ブログを見てもらえるのかもしれません。

他方、にほんブログ村からのサイト訪問が少ないのは、所属するカテゴリーを3つに分散していて、それぞれランキング順位が低いからに違いありません。
つまり、ブログが埋もれてしまっている状態です。

ということで、にほんブログ村に登録してまだ10日の現時点では、両方のサイトを併用し、にほんブログ村でも参加サブカテゴリーを1つに絞って、ランキング上位を狙うことにしました。

ただ、サイドバーに両サイトのバナーを並べると、カッコ悪いのと、クリックあるいはタップが分散してしまうので、ルーレットでINポイントを稼げる人気ブログランキングのバナーは、とりあえず下のほうに置きます。

グーグルアナリティクスのデータ開示は規約違反であることがわかりましたので削除しました。申し訳ありません。

サイト訪問に合わせたカテゴリー変更

併せて、オーガニック検索より、ブログランキングサイトからのサイト訪問のほうが多いという、本ブログの悲しい現状を踏まえ、何だかよくわからない「日記」、「随筆」というカテゴリーはやめることにしました。

そこで、改めて本ブログ全55記事の内容を見てみたところ、良書紹介、アゲハ飼育日誌以外でカテゴライズできるのは、ブログを運営する人に役立つ情報と、健康ねたぐらいしかありませんでしたので、それ以外は「雑記」にまとめました。

ということで、カテゴリーが一部変更になった船堀オフビートを、改めて宜しくお願い申し上げます。

2018/4/27

にほんブログ村テーマ アクセスアップへ
アクセスアップ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする