レクサスCT中古車価格 オークションで2匹目のどじょう

2月初旬に安月給の甥が中古車とはいえ、分不相応のレクサスCTを購入したいきさつを、以前の記事で書きました。興味のある方はご覧ください。

昨日、甥の車が納車しました。レクサスCTの中古車です。 車に疎い私でも、レクサスが高級車であることぐらいわかります。中古車でレクサスの...

その甥が、1ヶ月後にまたレクサスCTの中古車を買いました。

スポンサーリンク

レクサスCT中古車 オークションで破格の安値

なぜ甥はレクサスCT購入1ヶ月後に、また同じレクサスCTを買ったのでしょうか。詳細は省きますが、初代レクサスは不運な事故で、納車から18日目で廃車になったのです。

それを販売元のディーラーが、「次の車をうちで買うなら」という条件付きで、40万円で買い取ってくれました。

ということで、またマツダのディーラーに車を買いに行ったところ、なんと同じ年式のレクサスCTが、中古車オークションに格安で出品されていたのです。

車種: レクサスCT 200h バージョンC
年式: 2011年
走行距離: 21,000km
本体価格: 155万円
車検: なし
傷あり 修復歴なし

甥は、レクサス専用タイヤを購入していたこともあり、また小金持ちおじいさんの支援を得て、これに決めたのでした。廃車になったレクサスのエンジンスターターも載せ替えることができました。

レクサスCT中古車 格安の理由

初代レクサスCTのデータは以下のとおりでした。

車種: レクサスCT 200h バージョンC
年式: 2011年
走行距離: 32,000km
本体価格: 189万円
車検: 1年
無傷 修復歴なし
エンジンスターター装備(30万円相当のオプション)

プロの査定はわかりませんが、これに比べると、今回も負けず劣らない破格値と思えます。なんでこんなに安いのでしょうか?

最大の理由はとのこと。この色、レッドマイカクリスタルシャインは一番人気がないそうです。日本人は白とか黒とか、無難な色を好むんですね。

甥は気に入っているようです。

すでに、眉毛のようなシールを貼っています。

所見

2台続けてこうなりますと、果たしてこれは破格の安値と言えるのかどうかと、疑問に思います。それでも相場を見ると、そのようです。甥の強運?には驚かされます。

甥の分不相応レクサスはあまりに短命と思いきや、かくして2代目が走り出したのでした。

二代目は いつまでもつか 色ちがい

2018/4/14

にほんブログ村テーマ 自動車、カー、クルマ、くるまへ
自動車、カー、クルマ、くるま

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする