モンシロチョウ育て方成虫 手乗り蝶 吸蜜の動画

番外編が続いて恐縮です。

今週羽化したモンシロチョウはベランダの鉢にとめておいたのですが、いつまでたっても飛び立たないので、つまんで放り投げてみたところ、そのまま落ちてしまいました。なんと飛べない蝶だったのです。

ここに至るまでの経緯に関しては以下の記事をご覧ください。

モンシロチョウ越冬さなぎ 羽化前日 これはモンシロチョウ越冬さなぎ羽化前日(昨日)の写真です。すでに羽の模様が見えています...

アゲハはこれまで30頭くらい、うちで羽化しましたが、飛べなかった蝶は1頭もいません。なんでこんなことになったのか。

スポンサーリンク

モンシロチョウなぜ飛べぬ 奇形のせい?

最初にこの姿を見た時は、ひっくり返っているのかと思いました。おしりが上にそっくり返っています。おそらくそのせいで飛べないのではないかと思います。

これは奇形なのでしょうか。歩くことしかできず、気の毒に思えてなりません。

飛ぼうと思っているのか、時々こうやって羽ばたきます。見ていると切なくなります。

かみさんは、さなぎの時に突っつきすぎたせいではないかと罪の意識にとらわれ、うちで一生面倒見ると言っています。

モンシロチョウ餌付け アゲハより難しい

かみさんが苦労して餌付けに成功しました。

これは脱脂綿に染み込ませたハチミツを吸っているところです。モンシロチョウもアゲハ同様、こういう状態では自発的に吸いませんので、密を吸わせるためには、口吻(蜜を吸いこむくちばし)を引っ張り出して、密に触れさせなければなりません。

かみさんの話しでは、アゲハの口吻は丸まっても外部に出ているので、つまようじで伸ばせますが、モンシロチョウは小さいうえに、口吻は丸まっていると外から見えないので、引っ張り出すのが大変とのこと。いつも待ち針で引っ張り出すそうです。

飛べない蝶すなわち手乗り蝶

飛べない蝶ということは手乗り蝶です。普段は部屋の中の葉っぱにとめておくのですが、明るくなってくると、窓のそばまで歩いていって、サッシのレールの上で羽をぱたつかせています。

健気に生きている姿は可愛いのですが、悲しい気分にもなり、複雑な心境です。

紋白蝶 歩く温もり もの悲し

2018/4/1

にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

危機管理コンサルタント・国際派ジャーナリスト、丸谷元人の講演録「知ってはいけない「世界の裏側」」を、テストキャンペーン開催中の今なら、なんと...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする