アド街船堀出そびれた ミニチュア手作り雑貨店【赤い傘】

その店は船堀2丁目9番地の新川沿いにあります。ミニチュア手作り雑貨店 赤い傘 看板はありません。

スポンサーリンク

船堀2丁目9番 ミニチュア手作り雑貨店 赤い傘

  

畳2枚ほどのスペースに、店主向後ゆり子さんが作ったミニチュアが並んでいます。
ここは向後さん宅の一部ですが、もとは昔やっていた缶再生工場の倉庫だったそうです。

あずまや、かまくら、布団を干してある竿、木切れを積んだ背負子、薪で焚く風呂、箸置き、紙の人形、座布団、櫃、うさぎ、にわとり、などなど。すべて独学で、だれにも教わることなく作ったとのこと。

あぁ、売り物でした。

材料は100円ショップやニトリ、かっぱ橋などで調達。鎌倉まで和紙を買いに行ったこともあるそうです。

右側の女性が向後さんです。「顔は出さないで」と言われましたので。

「かまぼこの板もカッターで切っている」と聞いて、かみさんが100円ショップで買った、のこぎり型カッターを届けたところです。

アド街の取材を受けるも出演は叶わず

昨年9月に【出没!アド街ック天国】の船堀特集が放映されましたが、その時に番組の取材班が店に来たそうです。取材班は男女2人で、自転車に乗って番組で紹介するスポットを探していたのです。

取材班は向後さんの話しを聞いて、店の写真を撮っていきましたが、残念ながら選考漏れ、番組出演はならず。惜しいチャンスを逃しました。アド街の宣伝効果は絶大で、番組で紹介された店には客が押し寄せるという話しですから。(アド街船堀編に関しては別記事で書きます)。

返す返すも残念。ほかにもベスト20に入れず、涙を飲んだ店が幾つあったことか。

千本桜の季節においでください

と、代わりに本ブログで取り上げても、屁のつっぱりにもなりませんが、船堀においでの際には、ぜひ赤い傘にお立ち寄りください。

冒頭両脇の写真は、店の前で撮った新川沿いの写真です。まだ咲いていませんが、全部桜の木です。

もう10年くらい前になるでしょうか。護岸工事完了後、千本桜と銘打って、荒川の水門から江戸川の水門まで、川の両側遊歩道に桜の木を植樹しました。江戸川区内の桜名所の一つになっています。

花見の土産に、赤い傘のミニチュアはいかがでしょう。

演歌の市川たかしも陰ながら応援しています。

おんな傘♪ イオン葛西店であった新曲発表会(?)でもらったサイン入り色紙

2018/3/18

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする