一日一食健康法 最大のメリットは時間節約

最近一日一食にする人が増えているのでしょうか。

「一日一食 芸能人」で検索してみると、タモリ、ビートたけし、千葉真一、未唯(ピンクレディー)、高橋一生、西川貴教、Gacktなど、著名人がたくさん出てきます。きっちりやっている人もいれば、ゆるい人もいますね。

スポンサーリンク

一日一食健康法 昼によく食べるのはフルグラ

うち夫婦も1年ぐらい前から一日一食にしています。と言っても、まともに食べるのが一日一食という意味です。

朝はスムージーだけ、昼か夜どちらか一食はバランスの取れたボリュームのある食事にして、もう一食はパンや菓子、冬場なら餅、肉まん、あんまんなど、空腹を抑える程度に食べます。

途中で腹が減れば間食もします。私が昼食によく食べるのはフルグラです。

甘すぎるのでココアをかけて、50グラムだけ食べます。おいしいのでもっと食べたいのですが、袋に「1食当たりのおすすめ量50g」と書いてあるので、そうしています。

性格が出ます。

一日一食健康法 動機は時間の節約

一日一食にしている理由は人それぞれで、芸能人は健康管理、一般の人はダイエットが多いようですが、うち夫婦の場合は時間の節約です。

きっかけはラジオで聴いた医者の話しでした。その人も朝はスムージーだけで、昼は適当に済ませ、ちゃんと食べるのは夜だけという話しだったと記憶しています。

かみさんも私も忙しい毎日を過ごしていますので、その話しを聞いて、「うちもそうしよう」ということになりました。

それ以前は、朝がいろいろ混ぜたココアとパン少しと果物少し、昼は軽食(そば、うどん、ラーメン、パスタ、パン、ピザ、お好み焼きなど)、夜はしっかり食べるという習慣でしたので、かみさんが1日2回料理をすることがよくありました。

私は全くと言っていいほど料理ができませんので、片付け専門です。一日一食になってからは、それぞれ料理、片付けが1回だけで済むようになったのと、一緒に食卓について食べるのは1回だけになったのとで、1時間くらいの節約になっていると思います。

一日一食健康法 今のところデメリットはなさそう

1年程続けていますが、今のところ夫婦とも、体力が落ちたり、病気がちになったり、体重が極端に減ったり、便秘になったりすることもなく、健康面の問題はなさそうです。

ほかにこれといったデメリットも見当たらないので、このまま続けていこうと思っています。かみさんは違いますが、私は食べることにあまり執着がないので、一向に差し支えありません。

自由になる時間が増えて嬉しい限り。もう1日3食の生活には戻りたくありませんね。

2018/3/2

にほんブログ村テーマ 生活に役立つ健康情報へ
生活に役立つ健康情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする