アゲハチョウの幼虫 餌の食べ方 おもしろい習性

我が家で飼ったことがあるナミアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、ナガサキアゲハに限っての話しですが、アゲハチョウの幼虫は種類によって外見だけでなく、性格や行動様式も異なり、なかなか興味深いと感じています。

観察しているうちに、それぞれ葉っぱの食べ方が違うこと、おもしろい習性があることに気づきましたので、この記事にまとめておきます。

アゲハチョウ幼虫の育て方に関しては、こちらの記事をご覧ください。

アゲハチョウ幼虫の育て方に関する問い合わせがよくありますので、この記事にまとめておきます。 ここで言うアゲハチョウは日本で最もポピュラ...
スポンサーリンク

餌の食べ方

アゲハチョウ幼虫の葉っぱの食べ方は種類によって異なります。

ナミアゲハ・クロアゲハは几帳面

ナミアゲハやクロアゲハの食草はミカン科植物なのですが、柑橘類の葉っぱはこんなふうに食べます。

これはクロアゲハ。葉っぱの先端から葉脈に沿って主脈(葉っぱ中央の太い葉脈)の片側を全部食べます。

このあと、残った片側を同じように食べます。

最後に残った主脈はこうします。

これは結構時間がかかるので、早送りにしました。

なんでここまで苦労して主脈を切り落とすのか。謎です。ご存じの方、教えてください。

ナミアゲハも基本的に同じ食べ方をしますが、主脈は切り落としません。

面倒臭いことはしないたちか。(笑)

山椒の葉っぱはこのように手前から1枚ずつ平らげていきます。

このため、山椒の枝ぶりが芸術的な形になる時があります。

我が家ではこれを“生け青虫”と呼んでいます。

アオスジアゲハはやみくもに早食い

アオスジアゲハの幼虫はナミアゲハやクロアゲハの幼虫のような、几帳面な食べ方はしません。

やみくもに早食いです。

クスノキ(アオスジアゲハの食草)の葉っぱは柔らかいためか、主脈も一緒に一気食い。他の幼虫と比べると食べるスピードがやたら速く、早送りの動画を観ているようです。

アオスジアゲハの幼虫は用心深く、このようにすごい勢いで食べていても、触ればもちろん、周りで物音がしただけでも食べるのをやめて、しばらくじっとしています。

こんな感じで食べていますが、いつも葉っぱを完食するわけではありません。途中で満腹になることがあります。

そうなると、食べ残した葉っぱはこうします。

後ずさりしながら葉っぱの付け根まで戻り、食べ残した葉っぱを切り落とします。

もったいない。あとで食べればいいのに。ナミアゲハやクロアゲハはそうします。

なんでこうするのか。生存競争のため、という説があります。他の幼虫に残った葉っぱを食べさせないようにする、というわけです。

なるほど。後述しますが、自分がいる葉っぱに他者が入ってくると追い払うことも然り。アゲハチョウの幼虫にアリのような協調性はないようです。

それはともかく、後ずさりする時の脚が可愛いですね。

おもしろい習性

アゲハチョウの幼虫にはおもしろい習性がいろいろあります。

餌場とホームは別

アゲハチョウの幼虫は餌場とホーム(摂食時以外の居場所)を別にしています。(たまに食べかけの葉っぱで休んでいることもありますが)。

つまり、自分のホームにする葉っぱを決めていて、空腹になるとそこから出掛けていって餌を食べ、食べ終わるとホームに戻ってくるということ。ホームでは飲食禁止のようです。

ホームに戻ってくると、葉っぱ全体を一度巡回します。留守中に異変が起きていないかどうか、確認しているのかもしれません。

それから定位置に落ち着きます。ホームにしている葉っぱの中ならどこでもいいわけではなく、落ち着く定位置まで決めているようです。

ホームで休むアオスジアゲハの幼虫。

ホームは基本独占

アゲハチョウの幼虫は体が大きくなってくると、ホームにしている葉っぱを独占したがります。

ホームに侵入者が入ってくると、こうなります。

すごい剣幕ですね。

でも、こういうこともあります。

仲良く同居? 侵入者を追い出せなかったのか。

でも、これは一時的です。

糞は自分から遠ざける

当然ながら、ホームにしている葉っぱではよく糞をします。糞が下に落ちればいいのですが、葉っぱに乗ったままだと、自分で片付けます。

このとおり。

手際ではなく、”口際”がいいですね。

ホームに限らず、近くに糞があると気持ち悪いのか、くわえて放り投げます。

これは食べている葉っぱに乗っていた糞なので当然ですが、ホームの近くにある糞も気にします。

糞がたくさんたまっていると、このようにわざわざ下まで降りてきて片づけることも。

これはナガサキアゲハの4齢幼虫。うちでは「ヨモギ」と呼んでいました。かみさんが意地悪をしてピンセットで糞を寄せています。

糞が自分のテリトリーからある程度遠ざかればいいようです。どかしているうちに、だんだん面倒臭くなってくるのかもしれません。いつもこんな感じで戻っていきます。

あとがき

ちっぽけな虫でも、観察しているといろいろな発見があります。アゲハチョウの幼虫にこんな習性があるとは知りませんでした。

いろいろな発見があって、興味は尽きないというほどではありませんが、昆虫学者の喜びが少しわかったような気がいたします。

2018/2/24,2019/8.22

にほんブログ村テーマ アゲハ愛好会へ
アゲハ愛好会

読むものが多くて、速読術を身につけたいと思っている方には朗報です。寺田昌嗣著「フォーカス・リーディング習得ハンドブック」が、今なら無料(送料…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページはこちらから

コメント

  1. まり子 より:

    コメントを書かせていただいている間に羽化してました!
    こちらは東海ですが、今は風が強いです。台風でも早くケースから出して放したほうが良いでしょうか?

    • たむら船堀 たむら船堀 より:

      羽化しても翅が乾くまで、少なくても3時間程度は飛べません。自分から飛ぶまで待ったほうがいいのですが、台風の最中に放すのはかわいそうですよね。私なら台風が通り過ぎてから放します。

  2. まり子 より:

    いつもありがとうございます。

    アゲハの幼虫のためにレモンの葉を採集した時に、葉にくっ付いていた幼虫をそのまま飼育していました。初めは、他のナミアゲハの幼虫と変わりなかったのですが、だんだん身体の表面に光沢が出てきて、模様や形が一匹だけ野生的になってきました。他の五令より大柄ですし。自然の中で孵化した子なので個性的に育ったと思っていましたが、こちらのナガサキアゲハの幼虫の画像を見たらそっくりです。ナミアゲハの幼虫は飼育ケースで孵ったせいか、一度もツノを出したことがありません。その異質な幼虫はすぐに威嚇していましたが、私を覚えてくれたのか葉っぱで触っても怒らなくなりました。

    蛹が一つ、頭のほうから黒くなってきました。台風が過ぎたあとに羽化となりそうで、ほっとしてます。