レクサス中古ct200h 2台とも破格の安値で買えた理由

私の甥がわずかひと月の間に、レクサスCT200h中古車を2台購入しました。

車に疎い私でも、レクサスが高級車であることぐらいはわかります。中古車でレクサスのエントリーモデルとはいえ、なぜ月給が20万円にも満たない23歳の甥が買えたのでしょうか。しかも、2台。

小金持ち爺さんの援助があったことも大きいのですが、2台とも破格の安値だったのです。

それでも、2つの疑問が残ると思います。

(1)なんで2台も買ったの?
(2)なんで2台とも破格の安値だったの?

お答えします。

スポンサーリンク

甥が一月の間にレクサスCTを2台買った理由

なんで甥はひと月の間にレクサスCTを2台買ったのかと言うと…。

甥が乗っていた車(グロリアの改造車)が動かなくなり、急遽買い換えることになりました。母親が数年前に新車を買ったディーラーを紹介してもらい、そこで買ったのが1台目のレクサスCTでした。

それも束の間、本人の名誉のため詳細は省きますが、そのレクサスは事故で大破、なんと納車から18日目で廃車になりました。

それを販売元のディーラーが「次の車をうちで買うなら」という条件付きで、40万円で買い取ってくれることになり、同じ店で買ったのが、なんと同じレクサスCTだったのです。

レクサスCT中古車2台 破格の安値だったそれぞれの理由

甥が買った2台のレクサスCT中古車は、それぞれ別の理由で破格の安値でした。

1台目は他社のディーラーで千載一隅のチャンスに恵まれたから

1台目はこれです。納車は2月4日でした。

車種: レクサスCT 200h バージョンC
年式: 2011年
走行距離: 32,000km
本体価格: 189万円
車検: 1年
無傷 修復歴なし
エンジンスターター装備(30万円相当のオプション)

相場を調べたところ、300万円前後はするとのこと。なんでこんなに安いのでしょうか。

甥が紹介してもらった店はマツダのディーラーでした。それで当初はアクセラを買うつもりだったそうですが、店員に「お勧めの車があります」と言われ、見せられたのが、このレクサスCTでした。

これはその店が下取りした車で、2日前に売りに出したばかりだったそうです。甥はその車を見て、あまりの安さに俄然欲しくなり、祖父にねだって頭金を出してもらい、保険やら何やら含めて総額230万円で買いました。

「その店(マツダ)は他社(トヨタ)の車なので安く下取りしているから安かった」、「あの時買わなかったらたぶんすぐに売れていた」と甥は申しております。

このとおり、1台目は他社のディーラーで千載一遇のチャンスに恵まれ、破格の安値で買えました。

立春に レクサス納車 マツダから

2台目は中古車オークションで人気のない色だったから

2台目も、なんと同じ年式のレクサスCTでした。

これです。

車種: レクサスCT 200h バージョンC
年式: 2011年
走行距離: 21,000km
本体価格: 155万円
車検: なし
傷あり 修復歴なし

プロの査定はわかりませんが、1台目に負けず劣らない破格値のように思えます。なんでこんなに安いのでしょうか。

最大の理由はとのこと。この色、レッドマイカクリスタルシャインは一番人気がないそうです。日本人は白とか黒とか、無難な色を好むんですね。

これは中古車オークションに出品されていた車です。

甥は約10万円でレクサス専用タイヤを購入していたこともあり、ディーラーに前と同じレクサスCTで、走行距離32,000km以下の条件で検索してもらったところ、この車がヒットしました。

私の知らない世界の話しですが、中古車の業者オークションというのは、車を買う店に依頼するか、オークション代行業者に依頼するかしないと利用できないとのこと。個人では入札できないそうです。

車は千葉県に置いてありましたが、ほかの中古車と一緒に陸送してもらったため運送費用は取られず、廃車になったレクサスCT1台目のエンジンスターターを載せ替えることもでき、再度小金持ちおじいさんの支援を得られて、甥はたいそう喜んでいました。

早々に眉毛のようなシールを貼っています。人気のない色とのことですが、甥は気に入っているようです。

1台目はあまりに短命と思いきや、かくして2台目が走り出したのでした。

2台目は いつまでもつか 色ちがい

あとがき

ということで、甥の経験談からわかったことは、レクサスに限らず中古車を安く買うには他社のディーラーで買うか中古車オークションで人気のない色の車を買うか、ということ。あまり現実味がありませんか。

それにしても、記事の最後になんですが、レクサスの中古車が2台続けてこうなりますと、果たしてこれは破格の安値と言えるのかどうかと、疑問に思います。それでも相場を見ると、そのようです。

甥の強運(?)には驚かされます。

2018/4/14

にほんブログ村テーマ 自動車、カー、クルマ、くるまへ
自動車、カー、クルマ、くるま

話題のFXトレーダー、維新の介の著書「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」が、今なら無料(送料のみ負担)で手に入ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする