レクサスCT中古車価格 破格の安値で買えたのはなぜ?

昨日、甥の車が納車しました。レクサスCTの中古車です。

車に疎い私でも、レクサスが高級車であることぐらいわかります。中古車でレクサスのエントリーモデルとはいえ、なぜ月給が20万円にも満たない甥が買えたのでしょうか?

小金持ちのおじいさんが頭金100万円を出してくれたこともありますが、それ以前に、千載一隅の機会に恵まれたからなのでした。

スポンサーリンク

レクサスCT中古車 破格の安値で購入

甥が買った車はこれです。

車種: レクサスCT 200h バージョンC
年式: 2011年
走行距離: 32,000km
本体価格: 189万円
車検: 1年
無傷 修復歴なし
エンジンスターター装備(30万円相当のオプション

相場を調べたところ、300万円前後はするとのこと。なんでこんなに安いのでしょうか?

甥はこれをトヨタのディーラーや中古車販売店で買ったわけでもなければ、オークションで落札したわけでもありません。

レクサス購入 千載一遇のチャンス

甥は乗っていた車(グロリアの改造車)が動かなくなり、急遽車を買うことになりました。

数年前に母親が新車を買ったマツダのディーラーを紹介してもらい、当初はアクセラを買うつもりでその店に行ったそうですが、店員に「お勧めの車があります」と言われ、見せられたのが、このレクサスCTだったのです。

これはその店が下取りした車で、2日前に売りに出したばかりだったそうです。甥はその車を見て、あまりの安さに俄然欲しくなり、じいさんにねだったのでした。

その店(マツダ)は他社(トヨタ)の車なので安く下取りしているから安かった、あの時買わなかったらたぶんすぐに売れていた、と甥は申しております。

分不相応な車はいろいろ込みで総額230万円。

千載一遇のチャンスと小金持ちじいさんに恵まれた甥の幸福は、かくして走り出したのでした。

立春に レクサス納車 マツダから

2018/2/5

にほんブログ村テーマ 自動車、カー、クルマ、くるまへ
自動車、カー、クルマ、くるま

「現代広告の心理技術101」は消費者心理を科学的に暴き、顧客の心を研究し尽くした本です。広告を見た人が、買わずにはいられなくなる心のからくり…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする