Suica,PASMOエラーで自動改札を通れない理由

立春。いい響きですね。暦の上では春になりました。寒くても、少し気分が違います。かみさんは「そんなの何も変わらない」と言っています。情緒がないですね。

スポンサーリンク

Suicaエラーで自動改札通れない

一昨日は雪で、珍しく電車で通勤したのですが、船堀駅でSuicaを使って自動改札を通ろうとしたところ、ゲートが閉じてしまいました。改札機には「このカードは使用できません」の文字。クレジットカード一体型オートチャージ機能付きカードなのにおかしいと思いつつ、券売機でチャージしようしたら、そこでも「このカードは使用できません」の文字。

仕方なく切符を買って乗りました。あとでカード会社に電話しようと思いつつ、月島で降りる時に、改札にいた駅員に事情を話してみたところ、機械でカードの状態を見てくれました。

自動改札を通れなかった理由はよくありがちなこと

「○月○日に○○駅から乗ったまま降りれていないですね。降りる時にちゃんとタッチしていないということです」と駅員。数日前のことだったので、すぐに思い出しました。その日は船堀で降りた時に、私の前の人が自動改札で引っかかってゲートが閉じ、直後にタッチした私のカードは認識されていなかったのです。

これでは、カード会社に電話しても拉致が開かなかったでしょう。駅員に話してみてよかったです。カードはその場で解除してもらい、すぐ使えるようになりました。

当日この話しを職場の同僚にしたところ、同僚も同じ経験をしたことがあると言っていました。同僚の場合は、乗る時に前の人が自動改札でひっかかり、自分の入場が認識されず、降りる時にゲートが開かなかったので、すぐ駅員に話して解決したのですが、私の場合は降りる時でしたので、カードは電車に乗っている状態のままで帰宅し、次に乗ろうとした時に使えなかったという、困った事態になったのです。

私は初体験でしたが、考えてみればありがちなことです。あなたは経験ありますか?

自動改札のエラーメッセージを変えてほしい

これはかみさんのPASMOです。こういうノーマルなカードで、自動改札も通れない、券売機でチャージもできないとなれば、すぐ駅員のところへ行くと思いますが、クレジットカード一体型オートチャージ機能付きカードならどうでしょう。

エラーメッセージは「このカードは使用できません」ではなく、「このカードは使えない状態になっていますので駅員に見てもらってください」にしてほしいです。

長すぎですか。

2018/2/4

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする