象印CH-CE10評判口コミ 沸騰させない電気ポット

水は沸騰させると酸素が抜けてしまい、細胞を活性化する機能を失ってしまうのでよくない

という話しを数年前にラジオで聴きました。名前は忘れましたが、話していたのは東京医科歯科大の名誉教授で、水と健康の関わりを研究している人だったと思います。

この記事を書くにあたって、改めて調べてみたところ、水は沸騰させないほうがいいというのは、どうも本当のようです。

スポンサーリンク

象印CH-CE10 沸騰させない電気ポット発見

その話しを聞いてから、我が家では電気ポットを処分し、水はやかんで沸かして、沸騰する前に火を止め、保温ポットに移して飲んでいました。

そんな面倒なことをやっていたのですが、こういう便利なものを発見しました。

  

象印電気ポットCH-CE10 沸騰させない電気ポットです。

こんなものがあるとは知りませんでした。ついこの前、私の実家へ行った時に、父がいらないというのでもらってきました。父は一人暮らしなのでこのポット(1リットル)を買ったのですが、水の補充が面倒になり、2リットルのポットを買っていたのです。

だれか欲しい人にあげようと思っていたのですが、かみさんがネットで調べたところ、このポットは湯沸かし完了時の湯音が88℃で、「沸とうはしません」と書いてあることを発見しました。

象印CH-CE10評判口コミ

口コミを見ると「ぬるい」とか、「カップ麺が作れない」とか書いてありますが、そもそもそいう人が買う商品ではないのです。

うちのように、沸騰した水は飲みたくないと思っている人にとって、CH-CE10は大変有難い存在です。うちのようなニーズもあるわけですから、象印は「沸騰しない」ということを売りにして宣伝すればいいと思うのですが。

これを使い始めてから、水をやかんで沸かして、沸騰する前に火を止めて、保温ポットに移す、という面倒な作業から解放されました。父に感謝しています。

2018/1/28

にほんブログ村テーマ 健康・ヘルス・ダイエット 万歳!へ
健康・ヘルス・ダイエット 万歳!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする